工業用ゴム・プラスチック製品の専門商社|株式会社クレタス

事例紹介SOLUTION

【掃除効率UP】乾湿両用バキュームクリーナー




三立機器の乾湿両用掃除機は、乾いたゴミ(粉塵)も液体も同じ掃除機でそのまま掃除することができます。

新機構CSS(サイクロンセパレーター)が油や水などの液体や汚泥、濡れたゴミなどを最初に分離するため、2次フィルターである乾式フィルターが水や油で濡れることはありません。
このため、『液体によるフィルターへのダメージが無い=液体も粉塵も自由自在に吸引できる』の図式が成り立っています。

使用する時は、乾いたゴミか、濡れたゴミかを人が判断して、フィルターの脱着やスイッチの切替等の作業をする必要が無く、掃除をするときはスイッチをONにして吸引するだけです。

乾式フィルターは特許取得のハイブリッド構造になり、多孔質の単層焼結プラスチックフィルターを採用しており、多くのメーカーで採用されている布製、紙製のフィルターと比較すると、耐久性が約3~4倍あるのも特徴です。

食品工場では揚げ油がこぼれたり、装置洗浄のための水で床が濡れてしまっていることや、小麦粉等の乾いた粉状のゴミが発生してしまうことも少なく無いと思います。
そのような場合でも、この掃除機1台で清掃することが可能です。

ご相談内容・課題
製パン工場からのご相談。

工場内に落ちてしまう小麦粉を掃除する際に、床が濡れていると1台の掃除機では掃除できず、部分的にモップやホウキなど、手作業の清掃作業が発生してしまっている。

清掃作業の効率化を検討しており、良いものを紹介してほしいとのこと。

ご提案内容
三立機器社製の 乾湿両用バキュームクリーナー『トランスファー』のシリーズより、型式『JX-6010』をご紹介。

この掃除機は、サイクロンセパレーター機構が搭載されており、濡れているゴミや液体は吸い込んですぐに分離されるため、乾式用フィルターを濡らす心配がありません。
その結果、乾いているゴミでも濡れているゴミでも気にすることなく、スイッチの切り替え作業さえせずに、そのまま掃除することができます。

カタログでご案内後、デモンストレーション機で使用感を確認いただき、ご採用となりました。


その他
吸引したゴミの回収用タンクは、三立機器オリジナルの透明タンクです。
特殊PET樹脂を素材とした透明タンクになるので、耐久性にも優れており、ゴミがどのくらい溜まったか、外から確認することもできます。

プラスチックフィルターは布製や紙製のフィルターと比べて耐久性が高く、ほつれたり穴が開いたりすることもないので、異物混入の心配もなく、食品業界でのご使用も安心です。

また、プラスチックフィルターは微粉塵には抜群の強さを発揮し、2.0μmまでのゴミなら捕集率99.9%、水で洗浄することで初期性能に回復させることが出来るので、繰り返しの使用が可能です。

更に微細な吸引物が対象となる場合、HEPAフィルター搭載モデルの『+(プラス)HEPAシリーズ』であれば、0.3μm以上の極小さな微粉子を99.97%以上取り除くことができます。
(クリーンルームレベルのきれいな排気が可能です)

その他、ご使用状況に合わせて、きめ細やかなカスタマイズにも対応可能です。

乾いたゴミか、濡れたゴミかを気にせずそのまま掃除したい場面ある方や、細かい粉塵が多く発生する現場でお悩みのある方は、是非お気軽にご相談ください。