工業用ゴム・プラスチック製品の専門商社|株式会社クレタス

事例紹介SOLUTION

【クッション性&すべり性UP】コンベヤベルトの青ジャージ付スポンジ接着加工

搬送ベルトにクッション性を持たせる場合には搬送面へのスポンジ貼付け加工が有効です。
全面に貼る仕様が標準の加工ですが、いくつかのブロックに分けて複数個所に貼る場合でもご対応可能です。

接着するスポンジは、ウレタンスポンジで対応することが主になり、厚みや硬さは用途によっていくつかのラインアップから選定しています。
さらに滑り性が必要な場合には、搬送面となるスポンジの上部に、ウェットジャージがついた材料でご提案しています。
※ウェットジャージとは、ウェットスーツ等に使用されている伸縮性のある滑らかな生地です。

ウェットジャージ付スポンジの場合、スポンジの繋ぎ目については、ジャージ生地が剥がれてしまわないように、スポンジの継ぎ目と少しずらした位置で、ウェットジャージをオーバーラップさせて接着するのが標準仕様となっています。

今回の事例では、標準仕様の繋ぎ目でサンプル確認いただいたところ、接着部分が硬くなってしまっていて、希望するクッション性が足りないとの結果から、改良サンプルとして、布部分をオーバーラップさせないでスポンジ繋ぎ目を接着する『ドン付け(突き当て)』の方法を選択し、さらに角度付きとすることでクッション性を改善した仕様でご採用となりました。

上)角度付きオーバーラップ(標準仕様)
下)角度付きドン付け(角度は指定可)
ご相談内容・課題
包装機メーカー様からのご相談。

ロールペーパー搬送ラインにて、押さえベルト(上下から挟み込んで送り出すベルト)の導入を検討しているが、搬送物が軟らかいため、クッション性と同時にすべり性も必要で、何か良い材料・加工方法を提案してほしいとのこと。
ご提案内容
青色ウェットジャージ布付きスポンジ(商品名:サンソフト)を搬送ベルトの表面に接着加工する仕様をご提案。
サンソフトは軟らかいゴムスポンジでクッション性が良い上、表面にウェットジャージが付いているのですべり性も良好な材料です。

初回のサンプルは、サンソフトの繋ぎ目を通常仕様の斜めジャージオーバーラップで製作しましたが、ジャージラップ部が接着剤を塗布した影響で硬くなっており、段差も生じてしまっているためにNG判定。

この為、新たに直角オーバーラップ仕上と、斜めドン付け仕上のサンプル2種類を製作し、再度サンプル評価をしていただきました。
結果、斜めドン付け仕上の方が搬送物への影響が少ないということで高評価をいただき、接合部は角度寸法指定の要望にも対応した仕様でご採用となりました。
その他
当社は搬送ベルトの加工を内製していますので、加工技術者と営業担当者との距離が近く、細かな加工内容の提案やサンプル提供をスムーズに行なうことができます。

今回の案件では、満足いただけるサンプルが完成するまで、何度か繰り返してサンプル対応を行っています。

加工について、また搬送ベルト材料そのものについて、ご不明な点や疑問点がありましたら、お問い合わせフォームより是非お気軽にご相談ください。