事例紹介SOLUTION

【生産安定】ベルトのグリップ、位置決めでお困りではございませんか?

ご相談内容・課題
食品工場様からのご相談。豚肉スライサー投入ベルト(上下)で、豚肉ブロック投入の際に豚肉がベルト上でスリップしてしまって上手く刃物へ送り込めないことで、スライスした豚肉の厚みにばらつきが出てしまうとのことでした。
ご提案内容
サンラインベルト ミスタースパイク【SL-CS154】をご提案。
スパイク形状でグリップ力が向上すること、さらに抗菌防カビ両面カバー構造により、油等の液体潜り込みによる収縮防止の機能を持っていることや、スパイク形状が千鳥に配置されているため洗浄性が高いことをご説明しました。

ご採用頂き、豚肉カット時の送り込みを安定させることができ、スライスした豚肉の厚み精度向上を実現できました。
その他
当社にて搬送ベルトの加工を行なっています。裏面の蛇行防止桟、油や液体の潜り込み収縮をさらに抑えるための耳シール加工なども加工可能です。

ベルトの詳細スペック、加工についてのご不明点や疑問点がございましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にご相談下さい。